子供の睡眠時無呼吸

大人だけではありません
睡眠時無呼吸症候群は子供にもあります。

症状

症状

子供でも大人のように「いびき」をかいて、その合間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群という病気があります。

子供の場合、いびき症状の他に、胸の中央がへこむような苦しい呼吸をしたり、顎をあげて首をそらして寝ていることもあります。
また、夜間にひどく咳き込んだり、寝返りが激しかったり、うつぶせ寝が多かたっり、ひどい時はベットで座って寝ている子もいます。

原因
子供の場合、原因の多くは口蓋扁桃と咽頭扁桃(アデノイド)が大きいために、空気の通り道が狭くなり、いびきや無呼吸が起こります。また、アレルギー性鼻炎などで鼻づまりがひどくても、いびきや睡眠中の無呼吸がでることがあります。

子供への影響

睡眠中に無呼吸が起こると、眠りが浅くなり、そのため成長ホルモンの分泌が悪くなるり、身長の伸び、体重の増加など、成長の遅れがでるといわれています。また、精神面での発達の遅れも指摘されています。イライラ怒りっぽい、集中力が無いための学習意欲の低下などです。

診断するには?

診断するには?

耳鼻科で口蓋扁桃や咽頭扁桃(アデノイド)が大きくなっていないかどうか、アレルギー性鼻炎など、鼻づまりを起こすような病気が無いか見てもらいます。

そして、夜間の睡眠状態をみるために1泊検査を行います。1泊検査は終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)といいます。ご両親のどちらかと一緒に泊まってもらって検査します。睡眠の状態や呼吸の状態を脳波センサーなど様々なセンターを使って詳しく調べます。
そして、日中や夜間の症状、のど、鼻の状態、終夜睡眠ポリグラフ検査の結果などを総合的に判断して診断、治療します。

自宅で検査できないの?

自宅で検査できないの?

自宅で行う簡易検査もあります。

自宅で行う検査の場合、眠っている間にセンサーが外れてしまったり、うまくデータが取れなかったりすることもあり、簡易検査では診断がつかない事もあります。
その場合は、終夜睡眠ポリグラフ検査での1泊検査を行います。

治療は?

治療は?

子供の場合、原因の多くは口蓋扁桃と咽頭扁桃(アデノイド)が大きいために、空気の通り道が狭くなり、いびきや睡眠時の無呼吸が起こります。そのため、手術で大きくなった口蓋扁桃と咽頭扁桃(アデノイド)を取ってしまうと症状が改善します。