糖尿病外来
糖尿病外来
週一回の午前中、協同病院に勤務している糖尿病内科の医師がの外来を行っております。
糖尿病の患者さんは睡眠時無呼吸症候群の合併症をもっていることが多いため、耳鼻咽喉科の視点、内科の視点から患者さんを診ることができ、効果的です。

当院で糖尿病の治療を行うメリット

1.睡眠時無呼吸症候群、糖尿病共に1~2カ月に1回の通院が必要なので、当院では同時に受けられることで、患者さんの手間が省け、更に医師間での密な情報共有ができます。

2.睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、夜間常に血圧や血糖が高くなってしまうことで全ての生活習慣病リスク(高血圧・糖尿病・脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞)がかなり高くなってしまいます。
当院では睡眠時無呼吸症候群の治療と並行して糖尿病の治療を行うことで、総合的なケアが行えます。

糖尿病の検査について

検査は院内で行いますが、入院が必要な場合は勤務先の協同病院で行いますのでご安心ください。