睡眠でよくあるお悩み
睡眠でよくあるお悩み

不眠

急性不眠(ストレスによる不眠症)
精神生理性不眠(考えごと等による不眠)
特発性不眠症(生まれつきの不眠症)
逆説性不眠(寝ていないと思い込んでしまう不眠症)

アクチグラム検査(ご自宅で1週間の平均睡眠時間を検査)、睡眠日誌(ご自身で睡眠した時間を記録して頂く)を行うことで不眠の種類・原因を診断します。

基本はクリニックでの睡眠指導によって治療を行います。
睡眠指導での改善が困難な場合、患者さんによって睡眠薬処方を行います。
また、精神疾患が主な不眠の原因の場合、希望される患者さんには心療内科を紹介します。

過眠(昼間の眠気など)

ナルコレプシー(突然眠ってしまう)
当院に1泊入院した上でMSLT検査を行い、過眠の検査(保険適用)を行い、治療します。

特発性過眠症(全く起きられない)
仕事に支障が出るので、検査と治療を行います。

睡眠不足症候群(不眠症が原因)
生活習慣の改善をサポートします。